◆◆◆◆◆  重要なお>知らせ  ◆◆◆◆◆
独立支援.net 及び 代理店募集.net は2018年7月5日(木)をもちまして
すべてサービスを終了させていただくことになりました。
7/5以降はサイトへの一切のアクセスが出来なくなります。ご了承くださいませ。
長らくのご愛顧ありがとうございました。
検討中リストに追加する

彡☆中古携帯 販売・買取 代理店募集中彡☆

このプランのキーワード
1人で起つ | 商品に自信 | 研修制度有り | 夫婦で独立 | 地元で商売

今、世界中で言われている「地球環境保護」・ エコロジーへの小さな一歩の始まりです彡☆

ケータイも、徐々に中古の道が開けてきました。(株)リユースは、「最近のケータイって、高いよね。もっと安いケータイを売ってる店があってもいいよな、中古でも使えるんだから。」という基本的な問いかけからスタートしました。

スタートして約2ヶ月、まずはホームページを立ち上げてからの問い合わせ殺到!続いてテレビ局から続々取材依頼!(2009年4月23日 KBC「アサデス」出演。2009年5月6日 FBS「めんたいワイド」出演・・・)

店舗までオープンすると、驚く人がまだまだいますが。新規0円もほとんどなくなり、機種変更は高額。しかし中古は、機種変更の際ショップに0円で引き取ってもらうか、そのままタンスのこやしか、ゴミになっているという現実があります。

FOMAなど、ICカードの入れ替えで使えるんだから、知っている人は中古を買いに来ます。お子さんのために中古を買う人もいます。以外と、中古ケータイはお役に立つんです。また、買取は古物営業法に則り、すべてご本人様確認を行い、その後内部データの削除を確認し、PDAの場合はフルフォーマットしてもらい、動作チェック、クリーニングをし、再利用するか、リサイクルしています。ケータイ買取再販売は、その間の資源の無駄使いもなく、販売不可になった商品は資源リサイクルにまわすことで、リサイクルの環境が出来上がります。

買取後は在庫になるので、不良在庫化を防ぐため、比較的短期間(大体1-2週間以内。最短即日)に販売してしまいます。※基本予約注文で入荷後、すぐに売れます。もし、売れ残りなどがあっても、ネットオークションにて即日販売可能です。それだけ、今、中古ケータイは需要が高まっています。

=*==+==*==+==*==+==*==+==*==+==*==+==*=
現在、リユースでは、九州一円で中古携帯の販売・買取を行うビジネスパートナーを募集しています。
数年中に数千億円規模の市場と予測される、中古携帯市場。
リユース独自のノウハウで、パートナー様をサポート致します。お気軽にお問い合わせください。

代理店募集強化中! 佐賀県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県。
電話番号 092-403-4751まで。
=*==+==*==+==*==+==*==+==*==+==*==+==*=

今、世界中で言われている「地球環境保護」・ エコロジーへの小さな一歩の始まりです彡☆
サポート企業

株式会社リユース

業種

携帯電話(商品の営業・販売)

対象となる地域
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 甲信越
  • 北陸
  • 東海
  • 近畿
  • 中国
  • 四国
  • 九州
  • 沖縄
資料請求
資料請求はこちら
お問い合わせ
お問い合わせはこちら

092-403-4751

  • プラン紹介
  • 企業情報

【魅力】仕事の特徴と魅力

彡☆不況だからこそリユース品彡☆

=*==+==*==+==*==+==*==+==*==+==*==+==*==+==*==+==*=
ケータイ端末が高額になり、不況だからこそリユース品のニーズが上がる世の中です。例えば新品未使用でもショップで購入すれば90,000円以上の商品が当社では45,000円と約半額!!

それでも利益確保が出来るシステムです。また、ケータイ買取は現在ショップを経営されている方の知名度・集客UPにも繋がります。同時に当社WEBサイトでも広告宣伝を行いますので、宣伝効果・集客UPに繋がっていきます。

当然個人様相手の商売でも結構ですが、経費削減したい企業へのアプローチ商材としても最適です。商売を広げる等多彩に展開できるシステムになり、中古ケータイの買取だけでも収入源になります。
=*==+==*==+==*==+==*==+==*==+==*==+==*==+==*==+==*=

検討中リストに追加する
  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

【仕事】ビジネスプランの概要

ビジネス情報
取扱商品
1.中古ケータイの買取業務
2.中古ケータイの販売業務
顧客の特徴
ケータイの契約数は1億件を突破し人口比で見れば1人2台の時代へ突入。様々なサービスで生活必需品としての地位を高めています。

ケータイ買取再販売は、その間の資源の無駄使いもなく、販売不可になった商品は資源リサイクルにまわすことで、リサイクルの環境が出来上がります。今後、ケータイがなくなることはありません。継続性のある事業内容で、買取のお客様も販売したお客様も大変喜んでいただけます。。それが加盟店様への安定した収益に繋がると考えております。
マーケット情報
安定してニーズがあるのに、個人では参入しにくかったケータイ市場。相次ぐ新機種の登場やナンバーポータビリティの導入等話題に事欠かないケータイ市場。ですが代理店を始めるには巨額の資金を要し法人でないと参入が厳しい市場でした。そこで多方面との提携で個人で始められる仕組みを作りました。
商品の強み
継続性がある商いです。普通のリサイクルショップと違い、大量在庫を抱えることないので、場所もとりません。また、ケータイという市場は今後増えること(1人=2台・3台)という事はあっても無くなる市場ではありません。利用者の年齢層も幅広く(小学生から高齢者まで)男女問わずのターゲット層です。

PCのリサイクルショップ同様もしくはそれ以上に伸びてくる事業です。ケータイという商材でショップでは難しい中古ケータイの買取・販売というダブルの収入源を可能にしたことにより、加盟店の皆様方は着実に収益を確保できるビジネスであると考えています。
サポート体制
独立前
本部にて、技術研修と営業研修を実施。当社が持つ営業ノウハウと技術ノウハウを提供していきます。また、オープンに備えHPでの広告・告知を行います。スタートから販売も行いたい場合は、商品の卸も行います。
独立後
随時お問い合わせ下さい。「加盟店様と横並び」が弊社のモットーです。上下関係は作りませんので、価格や在庫も共有していきたいと思っています。新しいことを始める際は「分からなくて当然」なのです。実際、弊社もそうでした。

弊社は全力で加盟店様をサポートさせて頂くことをお約束させて頂きます。
検討中リストに追加する
  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

【収益】収益モデルと開業までの資金

収益モデル
ステップ1: 買取→転売 の差益収益 2,000円/台
ステップ2: 販売(卸形式)     4,000円/台
ステップ3: 買取→販売        6,000円/台

【買取代理店】
○看板だけを設置
買取台数 30台 → 利益 63,000円
買取金額 21万(買取平均7,000円/台)→ リユースへ販売 21万×1.3倍=273,000円 → 利益 63,000円

○チラシ等で広告
買取台数 80台 → 利益 170,000円
買取金額 56万(買取平均7,000円/台)→ リユースへ販売 56万×1.3倍=73万円 → 利益 170,000円

○3か月後に販売以降
1台あたりの粗利 約6千円 × 平均販売数100台 =60万円
報酬体系
上記参照のこと
契約タイプ
代理店契約
契約期間
契約期間1年(契約期間終了時の交渉料は無し)
開業資金
0~300万円

※別途毎月コンサル費用がかかります。
内訳
加盟金・・・・・・・・・10万円(税抜き)
買取・販売研修費用・・・・・・10万円(税抜き)

※出張研修は交通費実費
※場合により保証金20万円(税抜き)を入れて頂く場合があります。 ご了承下さい。

【月費用】
コンサル費用・・・・・・1万円(税抜き)
(月2回の価格表開示と買取業務フォロー・買取保障)
ロイヤリティ
特になし
こんな人が興味を持っています
  • ・新規ビジネスを模索している事業主様
  • ・発展途上の拡大中のマーケットで勝負したい方
  • ・個人に対しての事業を行いたい方
  • ・法人向けの事業を行いたい方
  • ・夫婦で仕事を始めたい方
  • ・経験がなく独立に不安な方
  • ・対法人に対しての事業を行いたい方
  • ・対個人に対しての事業を行いたい方
買取金額
弊社は福岡で中古携帯専門店実店舗をもつ過去の販売データ、オークション落札相場をもとに値段設定を行い買取させていただきます。
弊社より月2回(月初・15日)価格表をお渡しします。
内容は、キャリア別・機種別・ランク別で
1 お客様買取価格
2 代理店様買取価格(代理店様から弊社が買う価格)
を開示いたします。
検討中リストに追加する
  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら
開業までの流れ

基本的には、研修終了後買取業務は可能です。

  • 仮申込
  • 審査
  • 本契約(加盟金・講習費用ご入金)
  • 買取研修 (3時間)
  • 販促品納品
  • 買取業務開始
検討中リストに追加する
  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

このページのトップへ