知恵袋

小さな旅行会社(海外チケットのも販売)設立時、第2,3代理店...

小さな旅行会社(海外チケットのも販売)設立時、第2,3代理店の代理として申請可能でしょうか?小さな旅行会社を設立したいです。で、第2,3代理店(個人の株式会社で海外チケット販売及び貿易関係の仕事をやり、社員なしです。)の代理として申請し、営業保証、弁済業務保証金分担金などの節約ができますでしょうか?もしできるんでしたら後は会社設立、店舗賃借料、事務用品等の費用で会社設立可能でしょうか?旅行免許はもっていません!ちなみに僕も対外航空券のみの販売と貿易関係の仕事をし、無社員、バイト2名程で開業するつもりです。ぜひともご回答よろしくお願いします。
質問日時:2010年7月13日 20:00  解決日時:2010年7月14日 21:05

ベストアンサーに選ばれた回答

最低でも旅行業務取扱管理者が1名必要です。それと、旅行業者代理店業には第2,3代理店といった制度はありません。どこかの旅行業者(1,2,3種)の代理店になるだけです。旅行業者代理店業を営む場合、法的には財産的基礎、営業保証、弁済業務保証金分担金は不要です。しかし、所属する旅行業者が独自に保証金を設定している場合がほとんどです。旅行会社は、小さな会社ほどお金がかかりますので、十分な資金を用意しておく必要があります。補足旅行業者代理店業を営む場合は、必ず旅行業務取扱管理者の資格と行政庁への登録が必要です。でないと、登録票が発行されませんので営業ができません。もし、資格無しでやろうと思えば、友達の旅行業者の外務員となる方法があります。
Webサービス by Yahoo! JAPAN

このページのトップへ