知恵袋

製造元への交渉の仕方について。 (製造元にそこで製造された...

製造元への交渉の仕方について。 (製造元にそこで製造された商品を他の店においてもらうための営業の代理を申し出たり、 ネットショップを作って運営と代理販売をしたいと申し出た場合の製造元への交渉の仕方について ) 具体的に説明させていただきますと、 例えば、ある商品(食品・和菓子やインテリア、衣服)が気に入って、 その商品を広めるために、他のお店やデパートなどにその商品を置かせて欲しいと営業の代理をして、 そこから売り上げの何パーセントかを手数料・利益として得る商売をしたい場合や、 その商品を売るためにネットショップを作って運営と代理販売をし、 売り上げの一部を手数料として利益を得たい場合、 商品の製造元とはどのような交渉をすればよいのでしょうか? 普段携わっている仕事とは、職種が違いすぎて、全く知識がない状況ですが、真剣に考えております。 宜しくお願いいたします。 1まず、会社などは一切設立せずに、個人として、交渉に行って何とかなるものなのでしょうか? 2具体的な営業許可書のようなものは必要になりますか? 3交渉の際の話の持ち掛け方はどうすればよいのでしょうか? 事前に電話をするべきなのでしょうか? 正直、第一声から全く何を慣例や作法とするのかから分からない状況です。 営業の代理の場合、その商品を購入し、自社で販売するわけではないので、 現金は必要ないと考えていますが、それ以前に正直手持ちの資金もほとんどないのが実情です。 ネットショップの場合、商品は製造元から小ロットで定期的に商品を仕入れ 販売させていただけるような製造元に限定するつもりです。 4名刺にはどのような肩書きがベストなのでしょうか? 5契約書の作成は必要かと思われますが、どのよな契約書が具体的に必要なのでしょうか? 6契約書は、当初、できるだけコストを抑えたいため、個人で簡単に作成したものにしたいのですが、 これでは先方に失礼で取り合っていただけないものでしょうか? 事業が軌道に乗れば、詳細な契約書も検討しています。 先方の規模にもよるのでしょうが、例えば、和菓子の製造販売をされている小規模のお店などの場合はどうなのでしょうか? 7契約書作成の費用は幾ら位かかりますか? 8一番初めにしなければいけないことは何でしょうか? 9分かりやすい参考になる本などあれば、教えてください。 10当初は、オークションサイトを利用して販売し、軌道に乗れば、楽天などにもお店を出すつもりです。 このやり方に問題はあるでしょうか? お手数おかけします。
質問日時:2011年6月10日 00:42  解決日時:2011年6月16日 05:03

ベストアンサーに選ばれた回答

【補足に対して】 販路を増やすには問屋に卸す有効であり、購入しない個人や法人と契約するのはデメリットの方が大きいので普通はありえません。生産管理、在庫リスク、クレーム対応など事由は様々です。 あなたが売るであろうと予測して製作したものが売れなかった時、あなたは困りませんが生産者は大きな損害を被ります。 ミニマムロット補償を契約に折り込む手もありますが、この場合代理店というより問屋業と変わりありません。 絶対にありえないとは言えませんが、これは非常に特殊です。その特殊な生産者を見つけることができるのであれば、不可能を可能にできるかもしれません。 試しに「和菓子の販売代理店」「衣類の販売代理店」などのキーワードで検索をかけてみるとわかります。お考えのような事業を見つけることは非常に困難です。(貿易を介する事業はありますが) *字数制限のため補足前の回答を一部削除しました。 【補足前の回答】 一般的に、「食品・和菓子やインテリア、衣服」このような商品の場合は代理店契約を結びません。 製造元からあなたが買い取って、それに利益を乗せた額で小売店(デパートなど)に販売するのが筋です(つまりこれは卸・問屋の仕事)。ネットショップ販売でも同様です。 1点が数百万~数億円などの大型の機械などの場合は代理店契約が一般的です。工場の設備や高額な農機など。 この場合はユーザーとの仲介をするだけでコミッションを売り上げとすることができます。 小額なものでは携帯電話などがこれにあたりますがこれは特殊な事情によるものです。 これが前提ですが、一般的ではないからといって絶対無理ともいえないと思いますので話を進めますと、 >1まず、会社などは一切設立せずに、個人として、交渉に行って何とかなるものなのでしょうか? 普通は個人でも法人でも門前払いです。相手先の部長なり課長なりと繋がりを持っている人が交渉の席に着く事が出来ます。なので業界での経験というのが重要になってきます。相手先との繋がりがあれば個人でも交渉は可能ですが、大手の企業では法人としか取引きをしないケースも少なくありません。 見知らぬ相手からの話を聞いてくれる企業が一切ないとは言えませんが、難しいでしょう。ましてあなたが商品を買わないのであればなおさらです。買うのであればせめては「お客」になれますが、代理店になりたいというのであれば従業員以下の扱いです。 >2具体的な営業許可書のようなものは必要になりますか? 製造元との代理店契約です。公に対しては税務署への開業届けです。 食品の場合は保健所へ相談して必要に応じて資格・許可を取ります。(食品衛生管理者など) >3交渉の際の話の持ち掛け方はどうすればよいのでしょうか? 繋がりのない一見さんの相手であれば、代表電話に電話して、「御社では販売代理店システムはありますか?」と尋ねてみてはいかがでしょう。まず「ない」と回答されると思いますので、「それでは販売に関する部署の担当者様に繋いでいただけないでしょうか」とお願いし、その相手と打ち合わせができるよう取りつけます。 このあたりは各自のノウハウなので、「上手に話しましょう」というくらいしかいいようがないような。人によっては意外な突破口を持っていたりするものですが。 >4名刺にはどのような肩書きがベストなのでしょうか? 個人事業であれば、屋号(お店の名前)と「代表」という肩書くらいでいいと思います。 例) スズキ企画 代表 鈴木一郎 >6契約書は、当初、できるだけコストを抑えたいため、個人で簡単に作成したものにしたいのですが、これでは先方に失礼で取り合っていただけないものでしょうか? 個人で作成することは全く問題ありません。ただし、「簡単」と「詳細」に分けるのはNGです。契約書に簡単も詳細もありません。双方にとって必要かつ十分な内容である必要があります。 >7契約書作成の費用は幾ら位かかりますか? 自分で作ればタダです。プラス、印紙税が契約の内容に応じて数百円から数万円など。契約書が課税文書に該当する場合は印紙を貼らなければなりません。↓のサイトで調べることができます。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/inshi/inshi31.htm >10当初は、オークションサイトを利用して販売し、軌道に乗れば、楽天などにもお店を出すつもりです。 これは良くあるパターンです。しかしオークションではあまり売れないが楽天ショップでは売れるなどといった事もあります。絶対に起動に乗せる心構えで、最初から楽天等に出店するのもアリだと思います。そもそも楽天にかかる経費は小額ですから。(楽天から押し売りされる広告オプションを積み重ねると高額になります)
Webサービス by Yahoo! JAPAN

このページのトップへ