知恵袋

新創業融資制度について・・・。インターネットやパソコン販売の...

新創業融資制度について・・・。インターネットやパソコン販売の代理店を設立し株式会社としても登記をし、今は代表者と役員として二人で活動しております!まだ事務所を借りたり設備などもいれづ運営しております!十分利益もでて自分らのご飯を食べる分は稼いでおりますが、今後もっと稼ぐために、事務所を借りたりいろいろな設備をいれたり、従業員を雇用したいと考えており、200万~300万の融資を国民生活金融公庫の新創業融資制度で受けたいと考えており、自分なりに調べましたが一つ疑問が御座います!知識のある方、経験をお持ちの方、お力添えお願い致します!融資を受けるにあたり、代表者ではない株主の一人が消費者などに借金があったり財産がほとんどない場合、融資を受けれますでしょうか?代表者はまっさら綺麗なんですが・・・役員の一人が借金しておりました。その借金は奥さんの稼ぎで返してるみたいなので生活は問題ないとの事なんですが、今回融資を受けるために動いてるんですがその前にご確認した方がいいと思いまして質問いたしました!ご回答お願い致します!
質問日時:2010年6月26日 15:13  解決日時:2010年6月26日 15:50

ベストアンサーに選ばれた回答

>>代表者ではない株主の一人が消費者などに借金があったり財産がほとんどない場合、融資を受けれますでしょうか?株主云々は一切関係しません。もし会社法人が融資を申し込む際には、その法人の債務を連帯保証する保証人を役員の中から上から順番に必要とされる分だけ付けていく事になります。最初は社長サンで、それでも足らない時には専務サンだとか常務サン等と言うような感じで、連帯保証する役員個人の人の個人信用状況や資産次第で、何名連帯保証が必要になるかと言うのは貸す側が追加追加で足らなければ後から言ってきますから、それに応じて付けて行くと言うような感じになります。まぁ、借り入れようとする金額次第で、代表者1人だけの連帯保証では足りなくて、更に他の役員を連帯保証人に連ねると言うような感じになりますが、額が小さいようですから、代表者1人の連帯保証で今回の案件の場合は済みそうな印象は受けますがどうでしょうね。
Webサービス by Yahoo! JAPAN

このページのトップへ